林忠彦賞

 

 

選考委員紹介

選考委員紹介     50音順

大石 芳野

 東京都生まれ。日本写真家協会、日本民族学会、日本ペンクラブ会員。日本大学客員教授。日本大学芸術学部写真学科卒業後フリーの写真家となる。戦争や内乱後の人々の姿に視点を向けたドキュメンタリー作品を手がけ、アジア、アフリカ、ヨーロッパなどで取材を行う。
受賞―1982年(昭和57)日本写真協会年度賞。1990年(平成2)講談社出版文化賞、アジア・アフリカ賞、1994年(平成6)芸術選奨文部大臣新人賞。2001年(平成13)『ベトナム凜と』で第20回土門拳賞。2007年(平成19)紫綬褒章。2014年(平成26)『福島 FUKUSHIMA 土と生きる』でJCJ賞(日本ジャーナリスト会議)他。写真集―2005年(平成17)『子ども 戦世のなかで』(藤原書店)。2011年(平成23)『それでも笑みを』(清流出版)。2013年(平成25)『福島 FUKUSHIMA 土と生きる』(藤原書店)。2015年(平成27)『戦争は終わっても終わらない』(藤原書店)。2016年(平成28)永六輔との対談『レンズとマイク』(藤原書店)、『沖縄 若夏の記憶』(岩波現代文庫)他。

 

笠原美智子

 1957年(昭和32)長野県生まれ。明治学院大学社会学部卒業。シカゴ・コロンビア大学大学院修了。1989年(平成元)から東京都写真美術館学芸員。現在、同館事業企画課長。著書に『写真、時代に抗するもの』『ヌードのポリティクス』など。主な展覧会企画に、1996年(平成8)「ジェンダー、記憶の淵から」展、1998年(平成10)「ラヴズ・ボディ―ヌード写真の近現代」展、2001年(平成13)「手探りのキッス、日本の現代写真」展、2008年(平成20)「オン・ユア・ボディ 日本の新進作家」展、2010年(平成22)「ラヴズ・ボディ―生と性を巡る表現」展、2012年(平成24)「日本の新進作家vol.11 この世界とわたしのどこか」展、2017年(平成29)「ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館」展等。2005年第51回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナーとして「石内都 マザーズ2000-2005」展を企画。

 

河野 和典

 1947年(昭和22)鳥取県生まれ。1970年(昭和45) (株)日本カメラ社入社。1971年(昭和46)より月刊『日本カメラ』編集部。この間、『名機を訪ねて』(那和秀峻著)、『レンズ汎神論』(飯田鉄著)、『目からウロコ』(杉浦康平、若桑みどり、筑紫哲也、上野千鶴子、森村泰昌、池澤夏樹、石川好、竹村和子、中沢新一、小森陽一共著)などの単行本や別冊『ポラロイドの世界』を手がける。1999年(平成11)から2004年(平成16)まで月刊『日本カメラ』編集長。2008年(平成20)独立、スタジオレイを設立。2013年(平成25)から公益社団法人日本写真協会の出版広報委員、理事に就任し、『日本写真協会会報』『日本写真年鑑』編集に携わる。

 

細江 英公

 1933年(昭和8)山形県生まれ。1954年(昭和29)東京写真短期大学(現・東京工芸大学)写真技術科卒業。1956年(昭和31)の第1回個展「東京のアメリカ娘」以来、海外、国内で写真展を多数開催。作品集に『おとこと女』『薔薇刑』『鎌鼬』『ルナロッサ』など多数。1970年(昭和45)芸術選奨文部大臣賞、1998年(平成10)紫綬褒章、2003年(平成15)英国王立写真協会創立150年記念特別賞、2007年(平成19)旭日小綬章、2008年(平成20)毎日芸術賞受賞。2010年(平成22)文化功労者。東京工芸大学名誉教授、1995年(平成7)より清里フォトアートミュージアム館長。

 

有田 順一

 1955年(昭和30)山口県周南市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。1983年(昭和58)周南市文化振興財団勤務。1991年(平成3)林忠彦賞創設から事務局兼務。2010年(平成22)周南市美術博物館館長。林忠彦、秋山庄太郎、緑川洋一、細江英公、立木義浩、星野道夫、岩合光昭等の展覧会を担当。その他、周南市出身の洋画家 宮崎進、詩人 まど・みちおの顕彰活動を推進する。

 

 

 
林忠彦賞事務局
〒745-0006 山口県周南市花畠町10-16(周南市美術博物館)
TEL 0834-22-8880 FAX 0834-22-8886